HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトDIARY  >>  自由が丘で、幸せなひとときを 〜『ココロ・ドリップ』発売翌日、その街で〜
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 26
2014

DIARY

自由が丘で、幸せなひとときを 〜『ココロ・ドリップ』発売翌日、その街で〜

発売日の翌日、行ってきました自由が丘!

日曜日ということもあり、まだ昼前なのにすごい人手です。
駅前ロータリーでは、華やかな制服を身にまとった自由が丘コンシェルジュの方々が、
いつものように、街を訪れた人たちの質問に答えて、眩しい笑顔で案内をしています。惚れ惚れ。

まずは自由が丘駅正面口を出てすぐ、ダロワイヨの隣にある『不二屋書店』様の二階、新刊コーナーへ。

あった、ありましたよ!

不二屋書店様
(※書店様に許可をもらって撮影しています)

このA4版パネルですが、直筆サインとコメント書かせて頂きました。
……くっ、もう少し字が上手ければ!

そして、おっと……? お隣が、超有名な、京都の珈琲店のお話ですね(笑)
カフェものということで、ご一緒させて頂いたのかもしれません。

(そういえば、今回の新刊『ココロ・ドリップ』のプロットが
ようやく通った直後くらいに、抜群のタイミングで、
こちらの有名作品が出版されたのでした……。
今となっては懐かしい思い出……。)

書店様にご挨拶してお礼を言って、記念に一冊購入してきました。
(まるっきり浮かれ著者)
「街の宣伝にもなります」と言ってくださったのが、
本当にすごくすごく、嬉しかったです。

---

さてさて続いて、マリ・クレール通りへ。

……って、なんだこれは、ものすごい人の多さだ!
それもそのはず、この日は、自由が丘南口商店会様主催の
「マリクレールフェスティバル」最終日だったのです。

フードコート、ワゴンセールが立ち並び、みなさん、ワイングラスを傾けながら
ストリートパフォーマンスやライブを楽しんでいます。
お祭り気分に酔いしれ、なにか飲み食いしたい衝動をぐっと堪えて、とある建物へ。

自由が丘駅の南口改札を出てすぐ、「メルサ自由が丘PartΙ」の地下1階にある、
『ブックファースト自由が丘店』様です。

新刊コーナーに足を踏み入れて、僕は我が目を疑いました。
軽く二十秒は棚の前に立ち尽くし、続いて、なんだか身体が震えてきました。

ブックファースト自由が丘店様
(※書店様に許可をもらって撮影しています)

……圧巻です。これは夢でしょうか。しばらく棚の前を行ったり来たり、
挙動不審になったのは言うまでもありません(笑)

あまりの凄さに逃げ出しそうになりましたが
「人生のなかで、著作が棚一面で展開されるチャンスなんて、そうそうあるはずがない」
という叱咤に背中を押されて、無事、書店様にご挨拶することができました。

「全力でプッシュします!」と言って頂いて、
いろいろな感情が胸に去来して、ほとんど泣きながらお店をあとにしました。

すごいです。
すごいことです。
胸がいっぱいで、とても言葉になりません。

真っ白な頭の隅で「もはやココロドロップですよ」などと馬鹿なことを考えつつ、
他にもお世話になった人や場所を巡ってから
東横線に乗って帰ってきたのでした。

---

どうかどうか、たくさんの方に、読んで頂けますように!


ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)
(2014/05/24)
中村一

商品詳細を見る





スポンサーサイト
プロフィール

nyamura


中村一(なかむらはじめ)

会社員&二児の父&小説を書く人。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。